蠣崎未来 MIKU KAKIZAKI Official website

DISCOGPARHY

2019/12/4 Release(Digital Single)
「海辺の途中」
MULE RECORDS
主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスにて配信
1.「海辺の途中」(作詞・作曲 蠣崎未来・編曲 伊賀航)
2018年5月リリースの「路傍の唄」に続くスタジオ録音による今作は、ユーロスペースレイトショー観客動員記録も持ち、最新作『ソワレ』も控える名匠・外山文治監督の新作短編映画とのコラボーレーション。函館ロケの叙情あふれる映像に寄り添う、とても優しい1曲となりました。

「外山文治監督作品 短編映画『海辺の途中』主題歌を担当させて頂きました。 監督の描く繊細な心の機微を、私なりに受け取って作りました。
また、今作品ではベーシストの伊賀航さんに演奏、レコーディング共に携わって頂きました。セッション形式での録音で良い緊張感が残せたと思います。
楽曲の世界観もすぐに理解して下さり、表現したかった生々しさを最大限に引き出せたと思います。作品同様、最後にほんの少し灯る希望を感じて頂けたら幸いです。」
(蠣崎未来)

2018/5/9 Release
「路傍の唄」
¥2,315(tax out)
MULE RECORDS
ANTX-1037
1.君といると(作詞・作曲 蠣崎未来)

2.君をさがしに(作詞・作曲 リーテソン)
3.ペーパームーン(作詞・作曲 蠣崎未来)
4.伝わらない(作詞・作曲 蠣崎未来)
5.いったい何を(作詞・作曲 阿部芙蓉美)
6.君の声が聞きたい(作詞・作曲 瀬藤友也)
7.赤い汽笛(作詞・作曲 リーテソン)
8.無題(作詞・作曲 蠣崎未来)

9.路傍の唄(作詞・作曲 蠣崎未来)
ファーストシングル「蠣崎未来LIVE2016」に続くファーストフルアルバムは、彼女の真骨頂である弾き語りに加え、気心知れたミュージシャン仲間とのセッションによるバンドサウンド編成も含む、スタジオレコーディング9曲が収録された全国流通音源です。

「この度は たくさんの方々のご協力のもと、初めてのフルアルバムをリリースすることになりました。私自身にとって新たな一歩となる大切な作品。素朴で、偏見のない路傍の唄たちを是非聴いてみて下さい。」
(蠣崎未来)

2016/9/1 Release
「蠣崎未来 LIVE 2016」
[amazon/ライブ会場限定販売]

¥1,111 (tax out)
MULE RECORDS
XNDC-30045
1.君といると
2.伝わらない
3.君の声が聞きたい
4.無題

☆9/1 iTunes配信スタート
蠣崎未来初の音源となる「蠣崎未来 LIVE 2016」 のリリースが決定しました。
本作は、2016年4月に渋谷、5月に六本木で行われた、蠣崎未来が出演したオムニバスライブの演奏をレコーディングし、その中から4曲を厳選し収録。
当日の演奏をそのまま収録した、リアルライブ作品となっています。